読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もちもちのみ

たとえ明日世界が滅ぶとしても、私はこのブログを書くだろう・・・ただの雑記ですが

昔住んでた家にはいろいろな草木が植わっていた。

庭造りが好きだった祖父が年月をかけて作り上げた庭で、いつもきれいに手入れされていた。

ただ、祖父の死後、自営業の父は仕事で、母は子育てで毎日手いっぱいだったため、
誰も世話をする人がいなくなり、だんだんと荒れていってしまった。

 

やがて、玄関横のハスの水盆とツツジは取り払われ駐輪場になった。

 

軒の横まで無造作に伸びた花梨の幹は、強風が吹くと軒にぶつかり、その鈍い音が子どもながらにすごく怖かった記憶がある。

 

その後、父が亡くなり、相当な借金があったため土地を手放さなければならなくなった。

 

庭には、大きなメタセコイアの木もあったのだが、土地を引き渡し後、解体作業中の現場の横をたまたま通った時、そのメタセコイアの木がちょうど抜根作業の途中だった。

 

なにしろ大きな木なので、根の張り方もすさまじい、大地から引きはがされまいと必死に抗っているようだった。


それを見て、なぜだか「がんばれ」と応援したくなる心持ちになった。